営業はじまります。蜻蛉さんにて。

今年もよろしくお願い致します。今日は居酒屋 蜻蛉(とんぼ)さんにて販売させて頂きます。次は土曜日に蜻蛉さんに伺います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

時 間 : 14時〜17時頃

場 所 : 練馬区田柄5-14-12

「月田商店について」ページ下に地図あります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◾︎ 野菜はすべて農薬を使っていません。

◾︎ 固定種、在来種、自家採種の野菜が多いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

横山秀男さん (埼玉県日高市)

◾︎ 紅芯大根 1本200円ほど

 サラダ、漬物、ステーキなど。ポテトサラダに混ぜても美味しいです。

◾︎ ターサイ 1株150円〜300円

 油で炒めてみてください。和風、洋風、中華風。

◾︎ パクチー 80㌘200円

 自家採種で野生的。

◾︎ ナバナ  100㌘200円

 見た目は霜げていますが食べれば味わいがあると思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こころファームさん(埼玉県日高市)

◾︎ 深谷西田葱    1本140円ほど

 美味しいと思います。固定種です。

◾︎ サツマイモ(シルクスイート) 100㌘80円量り

 甘くてしっとり。

◾︎ 切り干し大根 1袋380円

 固定種の三浦大根で手作りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オルト・グラッツィアさん(埼玉県飯能市)

◾︎ 宮城白菜 1カット200円ほど

 味わいがある白菜です。

◾︎ こまつな 1束300円ほど

 ハウス栽培なので丈は長いですが、柔らかいです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

島村農園さん(千葉県成田市三里塚)

◾︎ にんじん 大袋250円SALE

 ベータリッチという、こちらはF1種です。マイルドな味わいで甘さもあります。

◾︎ しょうが 100㌘130円量り

 無農薬のしょうがですので皮ごと安心してお使いください。裸で常温保存がオススメです。

◾︎ 金時にんじん  大袋250円SALE

 サラダでも良いのです。煮たり炒めたり。香りが強いです。

◾︎ 善光寺さといも 大袋300円SALE

 ねっとりオススメ。

◾︎ 紅はるか    100㌘30円量りSALE

 残りわずか、極太のオススメが残っています。

ほか、玉ねぎ、じゃがいも、レンコン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山梨県笛吹市一宮 どんぐり牧場さん

◾︎ ときめき卵  1個50円SALE

 賞味期限1月8日(生食)までなのでお安く。生でも臭みがありません。エサにはトウモロコシ、北海道の魚粉、地元山梨県のお米を中心に遺伝子組み換えのエサや抗生物質は使っていません。鶏は1日にトウモロコシを2本食べて卵を1個産むか産まないか。そんな感じです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

北海道浜中町 北産さんより

◾︎ 浜中昆布   1袋600円

 昆布を岩場に干すときに除草剤を使っていませんので身体にも環境にも安全です。葉肉が薄いので出汁だけでなく食べることも出来ます。生のまま細く割けば「おしゃぶり昆布」にもなります。小さなお子様でもむしゃむしゃ加えて食べられます。大人のおやつにも。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

埼玉県飯能市 のっぽファームさん

◾︎ 黒豆     1袋700円

①かるく洗って1晩水に浸す

②浸した水ごと火にかける(強火→中火)

③アクをとりながら

④水面は常に豆の上に

 ※ 何度か水を足す

⑤最後に塩や砂糖で味付け(味付けしなくてもOK )

⑥タッパに水ごと保存

サラダやご飯に混ぜたり、炒め物に混ぜたり、お味噌汁に入れたり、1度作っておけば1週間ほど色々な料理にお使い頂けます。

小川町の先輩農家さんがずっとタネをつないできた黒豆をわけてもらい、2年前から自家採種しています。

◾︎ 五穀ごはんの素 700円→600円価格調整

 大麦、古代赤米、モチアワ、タカキビ、青山在来大豆。5種類をあらかじめ砕いておくことで30分浸水で白米と一緒に炊けるようになっています。普段食べているご飯の食感が面白くなります。5種類ぜんぶ「自家採種」といって、のっぽファームさんの畑でタネをつないでいます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京都伊豆大島 海の精さんより

◾︎ 自然海塩 あらしお 240㌘648円

 しょっぱいだけでなく、甘味、苦味、酸味など複雑な味わいが混ざります。あまり知られていませんが、塩は大きく3種類あります。

○海のミネラルをそのまま塩にしたもの

 →自然海塩

○塩化ナトリウム(しょぱい)を取り出したもの→岩塩、天日塩

○天日塩(塩化ナトリウム、しょっぱい)をもう一度海水に溶かしてミネラルをまとわしたもの→シママース、伯方の塩、赤穂の天塩

前の記事

稲藁 (いなわら)の意味