居酒屋 蜻蛉(とんぼ)さんにて販売

月田商店は味と健康を求めています。昔ながらのタネ(固定種・在来種、自家採種)は時季を選びますので自然と旬の野菜だけになります。また昔ながらのタネは味が濃いものが多く個性が出ます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は居酒屋 蜻蛉(とんぼ)さんの裏手の駐車場にて販売させて頂きます。

時 間 : 14時30分頃〜17時頃

場 所 : 練馬区田柄5-14-12

「月田商店について」ページ下に地図があります。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

◾︎ 野菜はすべて農薬を使っていません。

◾︎ 固定種、在来種、自家採種の野菜が多いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

横山秀男さん (埼玉県日高市)

◾︎ 大根    1本200円前後

◾︎ 紅芯大根 1本200円〜250円(大きめ)

 サラダ、漬物、ステーキなど。ポテトサラダに混ぜても美味しいです。

◾︎ アブラナ科系交雑菜 1束150円〜250円

 白菜と小松菜などのアブラナ科が隣同士に生えて花を咲かせてミツバチが飛び交うことでタネが混ざりました。野生の植物の姿(多様性)です。油で炒めたりスープにしたり、こうした野菜が面白く、また野菜本来の力強さがあると思います。何より美味しい。

◾︎ パクチー 80㌘200円

 自家採種で野生的。一部紫色なのは露地物の証。寒風と太陽にあたりながらもパクチーは寒さに強いです。小松菜や春菊が寒さに枯れていく中、パクチーは這いつくばって生きています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

埼玉県飯能市 のっぽファームさん

◾︎ きくいも 価格未定

 ゴボウの仲間でサクサク瑞々しさがある野菜です。見た目は生姜のようです。これをサクサク切り分けて醤油漬け(シンプルレシピのコーナーにレシピあり)。また、スライスできんぴらもオススメです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ベジガーデン祐喜さん(山梨県都留市)

農家さんは天野雅光さんと言います。人の「喜び」を「祐 = 助ける」の言葉あそびでこの名前にしました。昨日の午後に収穫したものが今日届きます。

◾︎ 水掛菜 7束限定   1束260円

 「みずかけな」と読みます。富士山の裾野の伝統野菜です。田んぼの裏作として富士山の湧水を水路で流して田んぼで育てます。富士山の湧水は12度らしく、それを流しつづけることで水掛菜は凍ることなく極寒で味わいを蓄える、昔ながらの知恵です。

◾︎ 黒田五寸にんじん 100㌘60円計算

 こちらも固定種。昔ながらの人参の味の濃さがあります。

◾︎ 白芽里芋     100㌘70円計算

 すっきりとした味わいでネットリとしています。皮を剥くと肌が白く綺麗です。大きさはまちまちですが、まっすぐな部分が多く皮は剥きやすいと感じました。小さなものは気持ちお安く。

◾︎ 紅あずま(細め) 100㌘60円計算

 ホクホク系のサツマイモです。

◾︎ 紅はるか(細め) 100㌘60円計算

 しっとり系のサツマイモです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こころファームさん(埼玉県日高市)

◾︎ 切り干し大根 1袋380円

 固定種の三浦大根で手作りです。皮も含めて干しているのでしっかりとした味わいがあります。三浦大根の特徴でしっかり目なので柔らかくしたい場合は長めに調理。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

オルト・グラッツィアさん(埼玉県飯能市)

◾︎ 宮城白菜 1カット100円

 味わいがある白菜です。一般に並ぶ綺麗で身が詰まったものではなく、葉先は霜枯れ身の締まり(巻き)は少なく、初めて見た方は便りなさげに見えるかもしれません。食べてみるとこれが美味しいです。冬の野菜の力を感じます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

北海道常呂郡訓子府町 伊藤秀幸さん

◾︎ 男爵いも   500㌘250円

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山梨県笛吹市一宮 どんぐり牧場さん

◾︎ ときめき卵  1個60円

 賞味期限1月17日まで。生でも臭みがありません。エサにはトウモロコシ、北海道の魚粉、地元山梨県のお米を中心に遺伝子組み換えのエサや抗生物質は使っていません。鶏は1日にトウモロコシを2本食べて卵を1個産むか産まないか。そんな感じです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

北海道浜中町 北産さんより

◾︎ 浜中昆布   1袋600円

 昆布を岩場に干すときに除草剤を使っていませんので身体にも環境にも安全です。葉肉が薄いので出汁だけでなく食べることも出来ます。生のまま細く割けば「おしゃぶり昆布」にもなります。小さなお子様でもむしゃむしゃ加えて食べられます。大人のおやつにも。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

埼玉県飯能市 のっぽファームさん

◾︎ 黒豆     1袋700円

①かるく洗って1晩水に浸す

②浸した水ごと火にかける(強火→中火)

③アクをとりながら

④水面は常に豆の上に

 ※ 何度か水を足す

⑤最後に塩や砂糖で味付け(味付けしなくてもOK )

⑥タッパに水ごと保存

小川町の先輩農家さんがずっとタネをつないできた黒豆をわけてもらい、2年前から自家採種しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東京都伊豆大島 海の精さんより

◾︎ 自然海塩 あらしお 240㌘648円

 しょっぱいだけでなく、甘味、苦味、酸味など複雑な味わいが混ざります。あまり知られていませんが、塩は大きく3種類あります。

○海のミネラルをそのまま塩にしたもの

 →自然海塩

○塩化ナトリウム(しょぱい)を取り出したもの→岩塩、天日塩

○天日塩(塩化ナトリウム、しょっぱい)をもう一度海水に溶かしてミネラルをまとわしたもの→シママース、伯方の塩、赤穂の天塩

前の記事

世田谷区「上町」にて販売新着!!